Q&A

よくあるご質問

応募資格について

大企業等民間企業とは具体的にはどのような条件の民間企業でしょうか?中小企業や中小企業に所属している個人でも参加できますか?

大企業のみならず、中小企業や中小企業に所属する個人も応募可能です。

都内在住や本社が都内に所在していなくても参加できますか?

東京都内で、起業又は新事業創出を行おうとする意欲があれば、問題ありません。

事務局からの参加人数に上限はありますか?

特段設けておりません。

プラットフォーム(事前プログラム) について

各プログラムの定員は何名でしょうか?

パネルディスカッションは定員を設けておりませんが、ワークショップ、プレピッチは各回50人程度とし、定員を大幅に超えるような場合は初回参加の方を優先させて頂く予定です。

プログラムは、全回オンラインでの参加は可能でしょうか?

当面の間、テレビ・ウェブ会議ツールでの開催を予定しています。
また、運営事務局の指定する都内の会場で開催が可能な状況となった場合は、オンライン参加では 無く、会場までお越頂く必要があります。

事業化プログラムについて

プラットフォーム(事前プログラム)内の各イベントに1回ずつ以上参加していることと記載ありますが、パネルディスカッションへの参加も必須でしょうか?

ワークショップおよびプレピッチへの1回ずつの参加が必須となり、パネルディスカッションへの参加は必須ではありませんが、可能な限りご出席ください。

事務局向けイベントの参加は、事業化プログラム参加に必須でしょうか?

参加頂くことが望ましいですが、必須ではありません。

キックオフイベントの参加は、事業化プログラム参加に必須でしょうか?

参加頂くことが望ましいですが、必須ではありません。

事業化プログラムは参加希望者から選抜するとのことですが、審査のタイミングと内容を教えてください。

応募要項の事業化プログラム参加条件をご確認ください。プラットフォーム(事前プログラム)終了後、総合的に判断致します。

プログラムは、全回オンラインでの参加は可能でしょうか?

当面の間、テレビ・ウェブ会議ツールでの開催を予定しています。
また、運営事務局の指定する都内の会場で開催が可能な状況となった場合は、オンライン参加では無く、会場までお越頂く必要があります。

プログラム受講後の成果について

事業化プログラムを通して、受講者に対しどういった成果を求めていますか?

本事業では、プログラム受講を通して新規事業の発掘、及び立ち上げ準備・起業や遂行への出発点までを成果目標としております。